ふざけんな!?

地獄のような日々を過ごし、生きた心地がしなかった。

やぶ医者が!?

精密検査の結果もやっとわかった。
よかった。癌じゃなかった。腫瘍マーカーの数値は、気になる数値なので・・・ なんとも言えん。

いろいろあり、この1週間、悪い事ばかり考えた。
今回の 健診をしたドクター あんな対応じゃ やぶと 言いたくなる。

患者の気持ちを考えて 物を言え!?


通常の健診ではなく、採用関係の健診だった。
夕べは、2時間位しか寝ていない。 精密の事も会社の人に言っていたのに・・・

今朝は、健診の結果の夢を見た。うなされたような気分で。

会社の人も 今回、配置換えで人は変わっていたので仕方がないとは言え、いい加減すぎる。

「大丈夫かと思っていたので・・・」 
その言葉を聞き ぶち切れた 

冗談じゃない 精密と言われ、どんな気持ちで日々を過ごしたか・・・
何かあったら連絡しますと言われていたが、明日からだと言うのに。何も言ってこないから大丈夫なのかと心配だったが、健診で精密と言われているし、会社も同じような対応なのかと思っていた。


コチラから、催促するわけにもいかず、悶々と毎日を過ごし、毎晩寝れず、朝は起きれず。
体調を整えるどころか、不安で不安で。


午前中 会社の上の部署に確認してもらい キチンとした聞いた返事が・・・


精密したほうがいいようだが、業務に差し支えありません。との返事だった。

上の人事関係を担当している部署・会社に対しても、今回の担当が変わった新しい支○長の対応にも
いい加減さに 改めて腹立たしく感じ、

はあ?   なんじゃ その返事は。

それを聞いて、やっと それなりに安心して精密検査の結果を聞きに行くことができた。
睡眠不足で、足元もおぼつかなかったが。


先日 健診の医者は、
開口一番 「結核をしたことがありますか?」 影があります。精密検査をしたほうがいい。
タバコ 1日○○本 吸ってるんだ。そりゃ、そうなるよ! 影がある 事を 当たり前のように 淡々と言った!?

その言い方が、なんと あっさりとしたものか・・・
今回 採用関係の件の健診だったのに、それを言っても、それに関しては どうのこうのとのらりくらり。
厳しいかもしれないし、そうじゃないかもしれないし 医者として 判断しにくい ような曖昧な言い方。


患者は、 あんた達医者の 言い方 判断に託してんだ!?


言い方 一つで、心は振り回されるんだよ!?

どんな思いをして この1週間を過ごしたと思ってんだ!?
思い出したら、ぶん殴りたい位 腹が立って来て たまらなかった。


一言でもいいから、
おそらく 業務に差し支えはないと思いますが、精密検査を受けたほうがいいです。

みたいな感じで言われてたら、こんな思いもしなかった。

精密を受けに行く時も、その後も こんな思いをせずに済んだ。

なんじゃ このやぶが!?って思いたくなる。

こんな判断 以前も、公の健診で、緑内障の検査で影があると 若い?医者に言われ日赤に行った。
その時 誤診。 その時は、よかった って安心したけど、今回は事情も違うし、目と肺では受け止め方も全く違う。 

今回 健診でのこのような対応は、これで2回目。他にも小さいケガで ヒビが入っていると言われたこともあったが、それも誤診。


今回ほど、命を削られた位 生きた心地がしなかった経験は 初めてだ。

会社にも いい加減さを改めて感じ、健診した あのやぶにも 腹が立ち、
結果が 心配するほどではなかったとは言え、今回の事を 記録しておきたいと 改めて思った。

医者の一言が、どれだけ、患者の心を 左右するか。

考えて欲しいよ!? 所詮、論文専門の医者みたいだから、そんなこと頭にないんだろうね。
健診のセンターも、どこも こんな医者しか 配置しないんだろうし。

今まで、健診の際の 最後に診てくれる医者って、頼りなさそうな医者だったり、カタブツの医者みたいな人ばかりだもの。

つくづく そう思いたくなる 出来事でした。

頭を切り替えて、頑張らなきゃいけませんが、今回の事は 恐らく 当分忘れないと思います。

画像






この記事へのコメント